当社の新築住宅
NEW CONSTRUCTION
耐震等級とは
耐震等級とは、建物の強度を表す1つの指標です。品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)に沿った住宅性能表示で、 3つの段階に分かれています。
耐震等級1(建築基準法の耐震性能を満たす水準)
・数百年に一度程度の地震(震度6強から7程度)に対しても倒壊や崩壊しない
・数十年に一度発生する地震(震度5程度)は住宅が損傷しない程度
※建築基準法ギリギリに設定されている場合には、震度6~7程度の地震に対して損傷を受ける可能性がありますのでご注意ください。
耐震等級2
・等級1で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられる
※主に学校や病院などの耐震性能が等級2です。
耐震等級3
・等級1で想定される1.5倍の地震が起きても耐えられる
※主に消防署や警察署など防災の拠点となっている建物は等級3です。
耐震等級3の当社の住宅は安全住宅です!!
UA値とは
UA値は、外皮平均熱貫流率のことで、住宅の断熱性能を表します。数値が小さいほど性能が高いことを表します。 建物内外温度差を1度としたときに、建物内部から外界へ逃げる単位時間あたりの熱量(換気による熱損失を除く)を、外皮等面積の合計で除した値です。外皮とは、熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどを指します。
UA値は、値が低ければ家の断熱性能が高く良い家であるということになります。
そんな中
当社の住宅は、0.6以下の基準の東京エリアで、0.44を達成!!
スマートハウスとは
IT(情報技術)を使って、住まいのエネルギーを総合的にコントロールする住まいのことを言います。 日本語に訳すと「かしこい家」。具体的には、HEMS(ホームエネルギー マネジメント システム)を 中心として、家全体のエネルギーをコントロール、最適にエネルギーを使うことができる家のこと
必要な情報を教えてくれる
安心アラート
レジリエンスを高める地域の安心情報を無料でプッシュ配信
近年頻発する自然災害に対し、気象警報や避難情報、災害警戒情報など住宅や生活の安全・安心に関わる情報や、 鉄道・停電・断水などのライフライン情報を「ホームナビゲーション」のモニターにリアルタイムに通知、表示 します(全国を約2,000地域に分割)。住宅に常設された情報モニターとして安心・安全なくらしをサポート、 住まいやくらしのレジリエンスを高めます。
かぞくの伝言板
家族の伝言が一目でわかる
スマートフォンから『LINE』でメッセージを送ると、モニターの『かぞくの伝言板』で在宅の家族へ連絡や伝言が 残せるので安心です。
ゴミの日お知らせ
ゴミの日の前日・当日にお知らせ
忘れがちなゴミの日を設定すると、前日・当日にモニターにお知らせされるので、ゴミの出し忘れを防げます。 また、習い事など家族の共有情報も設定することができます。
ドアホン
家のどこにいても来客応対ができる
家のどこにいても来訪者に応対できます。モニターで相手の顔が見えて安心です。                                
かんたん機器操作
機器操作
機器のリモコンとしてアシスト
ECHONET Lite規格対応の機器をネットワーク接続することで、エアコンや電気錠などのおうちの機器の操作ができます。 各機器のリモコンやモニターが集約でき、『快適・べんり』に使えます。また、シーン設定により様々な機器をタイマー やボタンで一括制御できます。
機器を遠隔操作する
かぞくの『あんしん』をサポート
『ホームナビゲーション』を友だちに追加すると、LINEでおうちの状態を確認したり、外から機器を操作したりできます。 また電気錠の解錠もプッシュで通知※2されるので、共働き世帯でも子どもの帰宅が確認でき、安心です。
毎日楽しめる
お風呂場でも
テレビ放送やインターネットが場所を選ばず楽しめる
モニターは防水仕様なので、バスタイム中にドラマを楽しんだり、キッチンで料理番組を再生したり、おうちのさまざまな 場所で楽しめます。ブラウザ搭載なのでインターネットも閲覧できます。
スマートフォンから録画予約ができる
気になる番組があれば、その場で『LINE』からかんたん予約。『録画の予約をする』ボタンをタップして、CLUB Panasonic アカウントに話しかければ、候補の番組リストが出てきます。
おうちのエネルギー情報を画面で『見える化』
AiSEG2のモニターとしてエネルギーの流れが『見える』
家じゅうのエネルギー状況をわかりやすい画面で「見える化」。家族みんなにエコ意識が生まれ、楽しく省エネができます。
CONTENTS